Kosen Symposium

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

高専シンポジウム協議会会長
(久留米工業高等専門学校長)
三川 譲二

高専シンポジウムは、「全国の高等専門学校の本科並びに専攻科学生の研究発表、知識の交換並びに教員相互の連携の場とし、高専教育に関する学術研究等の普及、地域産業、行政、教育機関並びに市民との連携を密にすること」を目的として、1996年、久留米工業高等専門学校名誉教授鳥井昭美先生を中心とする九州沖縄地区高専の教職員の提唱で始まりました。その後4半世紀を経て、高専シンポジウムは、全国の高専教職員の高専教育にかける熱い思いに支えられ、着実に充実・発展の道を歩んで来ております。

最近の高専シンポジウムの研究発表の件数は、500件前後を推移し、発表の分野も、機械、電気・電子、情報・通信、化学、生物、材料、建築・土木、環境、工学教育等々多岐にわたり、その内容は高専における教育・研究のほとんど全てをカバーしております。

近年の日本の産業構造の変化や技術科学の高度化の中で、実践的かつ創造的なエンジニアの育成を使命とする高等教育機関である高等専門学校は、産業界や地域社会、大学等学術機関から高いご評価と大きな期待をいただいております。さらに言えば、現在高等専門学校は、高度な工業化に対応するエンジニア育成を主導する我が国固有の高等教育機関として国際社会からも大きな関心を浴びております。そうした中で、高等専門学校の学生・教職員に対して日頃の教育・研究の成果を発表する機会を提供させていただく高専シンポジウム開催の意義は、筆舌し難いものがあると言っても過言ではありません。

本シンポジウムの開催に際しては、毎年度開催校である高専にお世話になるとともに、関係企業、関係諸団体、関係各位からご後援並びにご協賛、ご協力を賜っております。ここに記し、深く感謝申し上げます。

高専シンポジウム協議会は、所期の目的達成のために、今後も引き続き微力を尽くしたく存じております。

皆様におかれましては、高専シンポジウムと高専教育の発展のために変わらぬご理解とご支援を賜りますようなにとぞよろしくお願い申し上げます。

PAGETOP
Copyright © 高専シンポジウム All Rights Reserved.